海と二人と... 美味しい風

ブログトップ

桜の頃のお弁当は...


桜の開花宣言が出た頃のお弁当です。
小さなやりいかを使って、いか飯を作りました。いかのげそは小さく刻んで酒炒りし、もち米と白米を合わせたものに混ぜ込みます。ごぼう・にんじん・しいたけをみじんにしたものを出汁でさっと煮たものも加え、いかに詰めて煮汁で40分くらいじっくりと煮ます。木の芽は飾りとしてではなく、一緒に食べると「あ~春が来たなぁ♪」とつくづく感じてしまう必須アイテムです。

b0173356_16331619.jpg

なぜかおかずに海老フライ...ししとうとじゃこのきんぴら。
スナップえんどうとプチトマトを添えて。

これじゃあまりにも少食なのでデザートも作りました。
b0173356_16364472.jpg

桜の季節ならではの桜餅です。桜餅には関東風と関西風があります。
関東風は、白玉粉入りの生地を薄く焼いて餡を包んだもの(桜花がのっている方)関西風は、道明寺粉を蒸して中に餡を入れてあります(桜葉で包んである方)今回は関東風をさらにアレンジして、桜の花びら型で抜いたものを丸めた餡の周りにたくさん貼りつけてみました。
桜色の可愛いお菓子たち、顔なじみのサーファーお仲間にもおすそわけ。みんな買ってきたものだと思ったようでした。うれしい♪彼もちょっと鼻高々って感じでした。
しっかし...もうちょっと味わって食べてよね!ぶーぶー。いきなり3個立て続けに食べられちゃいましたぁ~
[PR]
by focacciakiyo | 2009-04-26 17:01 | お弁当 | Comments(0)